大きな家電を運んだ後に気付いた、家に入らないという事

stuff

引越しの時や、量販店で新規購入、またオークションでの落札など色々と家電を配送する場面はありますが、

まずは、事前に設置場所まで通れるかの確認が必須です。

 

 

特に、冷蔵庫やドラム式洗濯機のような重量やサイズも大きな家電を、
エレベーターが無く、階段で運ぶしかない賃貸物件の場合は注意して下さい。

 

しっかりと行っておかないと、当日に入れることが出来ず処分するか、または他の専門業者に搬入作業だけ依頼するという手間がかかってしまいます。

 

 

 

この事態に陥ってしまった場合には、搬入作業のプロである引越し業者に相談する方法をお勧めします。

 

 

 
方法としては、対象の家電をキルティング材で保護してから、クレーン車や人力吊り作業で設置場所まで搬入します。

 

クレーン車の場合は、半日作業として3万~5万円の費用目安、

また吊り作業だと1人当たり1万円~1.5万円ほどの費用が必要になります。

 

 

冷蔵庫は、横倒ししてはいけない家電ですが、吊り作業の場合は横に倒して吊り上げていきます。

 

 
ドラム式は重量が100kgを超えるタイプが多い為、クレーン車を使う場合が多いようです。

 

 

このトラブルを防止するために確実なのは、作業前に下見に来てもらうのがお勧めです。
(もしくはネットを活用して家の前の道幅や立地条件、建物の状況、間取りを確認する方法もあります。)

 

 

 
大手業者では難しい荷物の搬入を行うノウハウを持っているので頼ってみて下さい。

 

 

もし、大きな家電を運搬する場合は、費用を見てから専門業者に申し込むようにしましょう。

 

家電の配送.com
料金相場や、配送時には気を付けたい家電、また安い業者を見つける方法を詳細に掲載。