一人暮らしだから出来る引越し方法

以前一人暮らししていた時の引越し方法について記載しています。

 

単身だと荷物が少なく、日程も組みやすいので引越し方法の選択肢が広がります。
タクシーを使って引っ越しをしたというツワモノも居るぐらいですからね。

主にあげられるのはレンタカー利用での引越しでしょうか?

 
借りる車は単身であれば軽トラで、3人以上になると2t以上のトラックが必要になりますね。
費用としては、1日1万5千ぐらいが目安になります。軽トラなら1日1万円ほどで済むかもしれません。

 

注意点は屋根が付いていない車の場合は、荷物をロープで縛る工夫が必要になり、
荷台の横に数か所ロープを引っ掛けるフックのようなものがありますので、そこに運転席側から荷台の後方に向けて交互に引っ掛けて縛っていきます。

雨対策と軽い荷物が風で飛ばないようにするためブルーシートをかけてから縛りましょう。

 

出来る事なら、車高の高さは出てしまいますが、屋根付きトラックを借りる方がお勧めですね。

軽トラならほろ付きです。
ほろ付きは高速で突風にあおられると車体が揺れますので十分に気を張ってください。
特にトンネルから抜けた瞬間はハンドルをしっかりと持たれるよう心がけて下さい。

また、
レンタカーの場合、問題なのはベッドや冷蔵庫などの大物荷物や、液晶テレビやPCなどの繊細な家電たちです。

こういう荷物だけを業者に任せ、その他をご自身で運ぶという方法もありますね。
単身者のように少ない荷物であれば、自力で行わずとも引越し業者でも格安になることが可能なので参考にしてみましょう。

少量の引越し.net

(少ない荷物を格安で運ぶ方法について記載してあります。)

 

今では、安くしてくれる業者さんもたくさんいらっしゃいますし、

個人的には赤帽などの軽貨物業者や単身パックなんかもお勧めですよ。

注意点は保証の確認と、大型荷物がある場合の建物の養生ですね。

 

それと、どの業者でもいえる事なんですが、保証は曖昧な点があるので、

大事なものや高価なものだけでも、運ぶ前に写真を取ってスタッフと確認するのがベストですよ。

それで、当日の積み下ろし時や、搬入後にちゃんと目で見て下さい。

家電の動作確認は怠らない。

 

あと、梱包資材も結構利用するので、無料でもらえるのかの確認も必要です。

近距離で荷物が少なければ一人で出来ない事も無いんですが、

長距離になると難しいと思います。

レンタカーよりも業者の方が安かったという事もあるので、良く検討してみてから決めて下さい。